結合テストまでは問題なしだったが運用テストで本番データでの処理が遅すぎて使い物にならなかった件、あわてて改修

私は35歳のシステムエンジニアです。

システム開発の仕事を始めて、10年以上になりますが、納期が3月で運用開始が4月の案件は、今までに結構ありました。

その中でも大変だった案件は、商品の在庫管理システムの案件でした。

開発工程は、要件定義~設計までエンドユーザーのシステム担当の方と一緒に行っていたので、仕様のプログラムへの落とし込みは安心していました。

ところが、3月初旬の納品時の検収を兼ねたシステムテストを実際運用で使っているデータ量でテストしたところ、検索ボタンを押しても処理が帰ってこないなど、もの凄く遅いシステムになっていることがわかりました。

運用開始まで1ヶ月を切っていたので、急遽5人で土日や夜中も含めて、プログラムの改修作業を行い、何とか間に合いました。

この時には、何日も家に帰れなかったので、お風呂にも入ることができず辛かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加