顧客の人事異動の影響で契約の遅れがそのままスケジュールを圧縮するハメに、納品してもうまく動かないシステムができましたとさ・・

私の体験した、デスマーチは短納期の仕事です。

客先と交渉を進めていて、あと少しで受注というところまでいったのですが、急遽発注担当部署の人員移動があり、ご破算に一旦なりました。しかし、利用部門に必ず発注するからと泣き付いて来られて、発注を待ちました。

しかし、当初8ヶ月の開発期間が、最終的には3ヶ月という恐ろしい状態になりました。

それからは、とりあえずチームを2チームに分け、朝班・夜班で作業を進めていき、3時間置きに進捗の会議を実施し、ほぼ休み無しの状態で3ヶ月間を過ごしていきました。

結局、納期のタイミングでは上手く動くシステムが導入できず、その後、3ヶ月くらい改修作業が必要となりました。

その時から、会社の受注判定の中に、客先の人事異動がどのタイミングで来るかという項目が増えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加