WEBプログラマー、急で理不尽な仕様変更で殺伐とした職場に・・

私が体験したデスマーチは休みなしの月450時間労働でした…。

 

デスマーチとなった理由は一つしかないと思ってます。

それは…

 

『SEのプログラムを意識しない急な仕様変更』

 

これです。

通常SEはプログラミング経験者が多いのでそんなことにはならないのですが、

プログラミング経験のない社長の息子がSEをしてるという明らかにやばい環境でした。

 

その仕様変更というのが、締め切りが迫っているのに過去に作成したコアクラスに直接手を加える修正。そして、名前がわかりづらいという無駄な理由でのDBカラム名の変更。

 

デスマーチはその名の通り本当に地獄です…。

家に帰れない不満。そして帰っても次の日がまた15時間労働という絶望感。

消えない疲労感以上に、本当に性格が悪くなるんです。自分でもびっくりするくらい。

張り詰めた職場。怒声が飛び交うどころか机や椅子を蹴飛ばす人まで出てきました。

 

デスマーチという地獄は本当になくなって欲しいです…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加